過去の自分を癒す

Pocket

最近ようやく気付いたんですけど、自分が何故こういう珍しい事に手を出したかと言うと「過去の自分を癒したい」からなんだな~って。

私は、ちょっと前まで極度の性行痛で、挿入に関してはおそらく10年くらいしていませんでした。

1番生殖能力のある時にしていなかったんですよね。

本気で子供が欲しかったらなんとかしたと思うんですけど、そうでもなくて。

ただ、(女性として何か欠けているとか、魅力がないんだ)という思い込みはずっと心にはありました。

性のタブーが強すぎて、全然色んな事を知らないまま30代後半まできてしまいました。

性についての色んな事を勉強した今、「あ~、この知識が若い時からあれば、全然違ったよね。」と思います。

性行痛もすっかり無くなりました。

店の構想を初めに旦那に話した時に「なんでそんな事やるの?何がしたいか俺には理解出来ない。」と言われました。

その時は「世の女性の為になるからやりたい。」と言ったんですよ。旦那は「綺麗事を言ってる」みたいに怒ってたと思います。

その時は本気でそう思ってた気もするのですが、「過去の自分を癒したい」が本音です。

自分の過去が意味があったと思いたい。言うなれば、オセロの黒を白にひっくり返す事が出来ると思ったのです。

「ワクワクする事だけして嫌な事はしない」ブームですが、ワクワクと同時にすごく怖かったです。

こういう文章を初めはFacebookに流すのも怖かったですし。周りから変な目で見られるんじゃないかとも思いました。

怖くてもやりたかったんですよね。私が私のまま、実名で顔出しでやるからこそ意味があるって直感で思いました。

今、店をオープンして1年半ほど経ちますが、自分が恐れていた事は何も起きなかったです。人が距離をおくどころか、仲間はどんどん増えている感じがします。

この前、結婚10周年を迎えまして、京都へ行ってきました。

お参りをする際に、私の仕事が上手くいく様にと旦那はお願いしてくれました。2人の幸せや健康を願うよりも先に。

その瞬間にオセロの黒が白にひっくり返って、ようやく過去が癒されたと感じました。

次は恩返しをしたいです。世の中の女性にって訳ではなく(笑)

普通に両親とか、義理両親。友達。お世話になってる方々。

以前は心配してくれる事に対して「私だって出来ると思い知らせたい。」とか思ってたんですけど。

私は業が深い人間なので、まだまだそういう思いは捨てきれないし、一周させる必要がある事も分かってます。

お世話になった人達に、どうやったら恩返し出来るのかよく分からないのだけれども、その思いは忘れない様にしたいです。

フラットな気持ちになってきた今、ワクワクする方向へと舵取りして進んでいきます。

……………………………………………………………….

ちつ健講座 11月30日やります

コラボイベント 残1席

女性向けちつケア講習

関連記事

  1. 自分にご褒美を

  2. 無料モニターを募った感想など

  3. RAS(解放のセッション)3回目

  4. 3月の感想

  5. 性と死のセッションを受けました

  6. 自己をコントロールする