夫婦と性

Pocket

職業柄、いろんな夫婦の性の話をお聞きします。

離婚の理由によく「性の不一致」ってあるじゃないですか。

話を聞けば聞くほど・・・・。

性の不一致で離婚していたら8割以上の夫婦が離婚するんじゃないかと思っています。

性器の健康の為

性行為って「愛し合う事」という認識があると思います。が、長年夫婦をやっているとそういう関係ではなく、血のつながった家族の様な存在になってくるんです。

そんな時は、「性器の健康の為」にセックスをするという意識に変えると良いです。お互いの健康チェックと言いましょうか。

実際に身体の使わない器官は衰えてきます。女性は委縮性腟炎になりやすくなりますし、内臓にも影響が出ます。

性器の健康は身体の健康に欠かせません。誰かの意見に囚われて、無理にめくるめく快楽を求めなくても良いのです。

(ただ、自分も相手も盛り上げる為に多少の演技は必要です)

旦那とはしたくない

良く聞く意見です。

断る方も辛いですよね。

私の意見ですが、よっぽどの事がなければお互いの性器の健康の為だと思って頑張って欲しいです。

旦那が射精至上主義という事があるにせよ、女性側もどうして欲しいのか伝える努力をすべきだと思います。性行痛で痛いなら、その原因をさぐる。腟ケアをするなど。

どうしても無理ならその理由と対処方法を一緒に考える。長年にわたってただただ、断られ続けていると相手は心に支障をきたしてしまう場合もあります。

旦那がしてくれない

これも良く聞く意見です。世間一般では綺麗と言われる奥さんでも、全然あり得ます。

綺麗でいる事、セクシーな下着を身につける事。そんな事で改善したら苦労はしません。

待ち続けても改善はしないので、話し合う、、それも無理なら手紙を書きましょう。恥ずかしくても、自分の気持ちを伝えてみる。

そうする事で何かは確実に動きます。断られ続けるのはとても辛いです。もし、それでも無理そうなら、性に関する一切の権限は自分に返してもらいます。

思い込みの枠を外せば解決策は、沢山あります。

ただ、枠を外す前に目の前のものと向き合う必要があると私は思います。

:::::::::::::::::::::::::

11月30日ちつ健講座やります

関連記事

  1. 雇用されるのを辞めました

  2. RASセッション2回目の感想

  3. いくつになっても新しい事にチャレンジ

  4. 価値観を変える

  5. 人を癒す方法はいろいろ

  6. 好きな事を続ける事