普通という武器

Pocket

丁度今日、店を貸してくれている大家さんと話していて、

「三樹さんの店の月と樹のホームページを久しぶりに見たけど、自己紹介のところすごく細かく書いてあるね。そこまで詳しく書く人も珍しい。なかなかの勇気だよね。」

と言われました。

なるべくお客様の不安要素を取り除こうと、細かく書いています。

実際、生年月日を見ている人はかなり多く、

最近来られたお客様は、「施術者の生年月日は重視する。バブルの頃に何歳だったか・・・、とか。そういうのが気になる。」と言っていて

そういう見方もあるんだ!!と驚きました。

華々しさがないから良い

その後に、大家さんが「経歴に華々しさがないから、逆に良いんだろうね。」と言っていて、

(オイ・・・失礼な!)と少し思いましたが、でも実際にそうなんですよね。

最近やっている講座も、集まる人の方が私よりも明らかにスゴイ場合が多いし、私が「そうなんですか!!それは初耳です。」とか言ってる事も多々あり。

私がやる意味あるのか・・・とか思いますが(笑)

私がやる意味は、「幅広い人達に訴えかける事」だと考えています。

私自身が普通っぽいから、一般の人が来やすいというか。

イケイケ系やグイグイ系(?)だったら、普通の女性は躊躇する事もあるのかもしれません。

普通という武器

実際、普通なんてものは、存在しないとは思いますが、そんなに華々しさがない私は自分の事を「普通ですよね。」とお客様に紹介しています。

普通というのは、ガッカリするものでもなく、共感されやすかったり、来店の敷居が低かったり。一般受けしやすい武器になるんだなぁと今は思っています。

あれが足りない、自分には何もない、と感じてしまう事もあるけれども、行きたい場所に行く為のものは、自分にはすでに揃っていて。

何を身につけるか、という事よりも、逆にどこまで脱いでいけるか。そんな事を思っています。

関連記事

  1. 女性ホルモンを活性させる一番の特効薬

  2. 自己をコントロールする

  3. 好きな事を続ける事

  4. 女性は理性が強い。もっと本能的に生きるには。

  5. 勇気はショートカット出来ない

  6. 無料モニターを募った感想など