新しい場所

Pocket

(上の花束は、近所に住む友人にお誕生日にリフレクソロジーをお願いしたら、私をイメージして下さった花束)

函南町に引っ越して、3週間くらい経ちました。

なんだかもう、3か月くらい経った様な・・・。そのくらい場所に馴染んできました。

沼津から持ってきた枯れかけた花も見事復活し。

来ていただく方々も、環境が最高だと言って頂けています。私自身も導かれた様な感覚です。

もう、この際だから書くと、沼津から引っ越した理由が借りていた場所の大家さんに「膣」や「性」についての記述をホームページから削除するように言われた事で。

私がやっている施術は、勿論(今のところですが)法律の範囲内ですし、危険行為でもなく。

今まで沢山の方々に喜ばれているのは周知の事実で、私が技術を教えた方々も同様に。

これからも必要不可欠な仕事になっていくと自信を持って言えます。

今年の頭くらいまでは、大家さんの言葉にかなり憤慨していましたし、何度もこの事はRASで解放してもらいました。

でも、元々、私を一番初めに引き上げてくれたのも、沼津の店を貸してくれた大家さんだから。

今はそういう事もあったな、、(という感謝というと嘘になるけど)そんな気持です。

そして、もうこれは今となっては運命としか言いようが無いのですが、年末に沼津から立ち退かなくてはならなくなった2日後に父親が急死して。

とても家を買える状況では無かったのですが(ローンが通らず)奇跡的に貯金と遺産をなんとか合わせて物件を買う事が出来たのです。

それを思うと今でも涙が出てくるのですが、その話を信頼してる女性にしたときに

「それは、この場所で沢山の女性を救う事になるって事だよ。それも含めての遺産。」

と言われ、私自身はその言葉にとても救われた気持ちになりました。

「女性を救う。」今となっては、あまりそんな事は思ってなかったけど、一番救うべきなのは誰もが自分自身であり。

でも結局本当はみんな大丈夫。

私が私を救う過程で、多分沢山の女性が救われるのかもしれないなとは思います。

最近、色んな方から、「言葉に力がある」と言っていただく事が多くて。ブログもあまり最近は書けていなかったけれども。

私の言葉は、遠くの九州や北海道まで必要な方に届いて足を運んでいただけるパワーがあると気付いたので。

TwitterやFacebookよりも、誰もがアクセス出来る媒体で。

なるべく多くブログ記事に思いを書いていきたいなと思います。

母が送ってくれた胡蝶蘭
私が膣に指を入れた時にカラーとイメージを読んで送ってくれたブーケ
お店の女性性開花のイメージと合わせて下さったリース

両親、沢山の方から与えてもらったものを、また誰かに与えていく。そんな風に生きていきたいです。

RASセッション 5回コース 残1名

関連記事

  1. 不安や恐怖の乗り越え方

  2. RAS(解放)セッション4回目

  3. 性のタブーと国の話

  4. 普通という武器

  5. これからの事

  6. 新月の決意