「守るもの」と「出していくもの」

Pocket

冬至の少し前にリコネクションという施術を受けました。

RASを教えて頂いためぐ先生からの紹介で、2019年に亡くなった友人のご縁でもあります。

施術をして下さったのは安藤晶子さん

京都から来てくださいました。

「リコネクション®とは、リコネクティブ周波数を用いることによって、私たちと高次元の周波数との本来の繋がりが分離される前の完全な状態に戻す、つまり 再結合(リコネクト) すること」

とググると載っています。

私自身は受けてから沢山気付きがあり、色んな軌道修正も入っています。それで、、このブログでさえ書かされている感じです。

そんな気付きを今年、私の施術を受けてくださった方に向けて、何か書きたい!!と思いつつ。暫くブログを書いていなかったので、腰が重く「今日は仕事もあるし、やる事いっぱいだし、また今度でいいか。」と思っていたら。

お客様の体調不良によりキャンセルになり、時間が空き「あ、、、やっぱり書かなきゃね。」という感じで、自動操縦に動いていて、なんならこの文章も自動筆記です。

受けたら楽になるというよりも、自分の道から逃れられないのである意味では、大変かもしれません。

守るもの

気付きを全部書くと長すぎるので、

簡単な所から。まずは・・・・。

「ハイネックのセーターが着られなくなった。」

ん?そんな事??と思われるかもですが。

すごくチクチクするんです。もともとアトピーで肌が弱いのですが、タートルネックは好きで良く着ていました。

セッション後に首にアトピーが再発して。いつもならば「私の内側の他人との境界線がアトピーを出してる。」とか「内臓の疲れかな??」とか自分の内側に原因を探っていたのですが。

ただ単純に「セーターの素材が合わない。それ以下でもそれ以上でもない。」と我に返りました。

私は、案外身体が敏感で、食べるもの、身に着けるもの、塗るものなどけっこう合わないものがあり。そいいう自分は嫌で、何でも受け入れられるようにしたい!と丈夫になりたいと思っていましたが、そう思ってる故に色んな事に対してプロテクトがガバガバで弱かった・・・。

自分に合わないものは、極力排除してもいいし、自分をもっと守っても良い。SNSも見たくないものは軽やかにミュートです。以前はそうする事さえも抵抗があったんです。

敏感な自分を認めて、プロテクトをしっかりしてく。そこに許可を出せる様になった事が大きな事でした。

出していくもの

もう一つ。出していくものは、エネルギーです。循環です。「性の解放コース」というのを今年の初めからやり始めて。前半、後半と半年クールで、15名の方に施術とRASをやっていました。

どの方も良い方向に流れていて、やっている仕事を辞める決断をされた方が、5名も!!思えば、私もRASを初回に受けた後で、自分の店1本でやっていく事を決意しましたからね。

あと、痩せた方も多かったです。性的に解放されて奔放になる方は、1人もいませんでした(笑)

それで気付いたのですが、施術を重ねていくたびに、皆さん膣内の温度がどんどん高くなっていて。自分の道を歩みだすと、膣って温度が高くなる傾向にあります。

第一チャクラの活性化です。

ただ、これでエネルギーの出し惜しみをすると、ウエストにお肉が付きやすくなる事も分かってきました。第一チャクラと第4チャクラは繋がっていて、エネルギー循環をしていかないと、鬱々とした気分になる事もあります。

そこで先の話に戻りますが、自分の不快領域を知って、プロテクトした上で出し惜しみしない事が大事です。

この塩梅は非常に難しいので、まずはやってみないと不快領域が分からないですからね。

別に、何かを人にあげなきゃいけないって事ではなく。やりたいインスピレーションに沿って動く。

「あの人から何も貰ってないから、あげない」とか「私がいつも連絡してるから、向こうから来るのを待つ」という駆け引きも贅肉に原因になります。

あとはお金が原因で諦めてる事をエイっとやってみるとか。もっと細かい事だと、自分から先に声を掛けるとか。

そういった細かい事を出し惜しんでいると、せっかくエネルギーが高くなってきているのに、贅肉になるだけでは勿体ない!!!

後はちつの引き上げ呼吸も大事です。

ひとまず、今回はこの辺で。まだまだ書きたい事もあるのだけれども、小出しにしてきます。

ではでは、今年も無事過ごせた事に感謝を込めて。1年ありがとうございました。

1月、前半はお休みします。

1月16日以降の予約で宜しくお願いいたします。1月は東京出張はありません。

関連記事

  1. 性の解放ってなんだろう?

  2. 「いただきます ここは発酵の楽園」観てきた

  3. 「自分」を仕事にする事の正体は・・・・。

  4. 腸リフレの動画

  5. 視点作りを仕事にする

  6. 感じる腟を育てよう