明日死ぬかの様に生きよ。永遠に生きるかの様に学べ。

Pocket

友人が急に亡くなった。

訃報を聞いたのがまだ2日前。あまりに唐突すぎた。

大動脈解離。

ここ2日ほど気付くと、この病名を何度も検索にかけている。

突然亡くなる病が世の中には沢山ある事は知ってる。

でも、そういう病気になる人は、不摂生が祟ってなるとか、太り過ぎているとか。

働き過ぎて体調も心のバランスも崩しているとか。

そういう先入観があった。

彼女はそのイメージとは対極にいた。数日前に会った時も、いつも通り美しくて艶やかで。

綺麗だった。差し当たって変わった所がなく。

私は日記をつけ始めた話をしたら、「すごく良い習慣だよ」と褒めてくれた。

それから彼女がこれからやりたい事の話も聞いたりして。とにかくキラキラとしていた。

だからこそ、信じられなかった。

普段生きていると、命が永遠であるかの様に錯覚してしまうけど。

随分と傲慢になっている自分をありありと見せつけられた。

丁度、訃報を受けた時に一緒に居合わせた友人が

「明日死ぬかの様に生きよ。永遠に生きるかの様に学べ。」そんな言葉を教えてくれた。

ガンジーの言葉のようだ。

忘れない様に手帳にも書いた。

「死」は悲しいものではないかもしれないし、私もいつかは分からないけれども、確実にいなくなる日がくるのだから。

関連記事

  1. 不安や恐怖の乗り越え方

  2. いくつになっても新しい事にチャレンジ

  3. 普通という武器

  4. 自分の人生を信頼する事

  5. RASセッション2回目の感想

  6. 「選択」する事を選択する