ちつ健講座やりました

Pocket

1月15日、tuttycafeさんにて、ちつ健講座を行いました。

2019年からお話会の様な講座を始めて、去年は場所を変えて東京でやっていました。

今年は、人数を増やして初めてcafeでやってみたのですが、(私の話はさておき)とても楽しく和やかな雰囲気で良かったです。

10名参加のうち半数が、助産師さん、看護師さん、薬剤師さんの医療関係の方々でした。

発展途上国でお仕事をされた助産師さんの話や、会陰切開は、切開するよりも産む途中で裂けた方が治りが早い場合もあるなどの興味深い話も聞けました。

そして、妊娠前にちつケアをやっておけば、お産は楽になるとの話で。

これも学校の保健体育の授業で教えると良いのにね、と思いました。

後はオーガズムの原理や、ちつケアが必要な理由。

そして10人だったので、3,4人に分かれて議題を話合う時間も入れました。

①人前でマスターベーションをしてしまう小学生の女の子に親はどうすればいい?

②30代、40代で経験が無い事に悩むのは何故か?

③特殊な性癖を満たす方法

こういうのも考える事が大事なので、考えてみてくださいね。

10人いれば文殊の知恵で、興味深い意見が出ました。

①マスターベーションを人前でしてしまうのは、自分に構って欲しいという深層心理があるという意見を出していた方が多く、目から鱗でした。

後は、中学生くらいになれば自然とやめるから、気にしなくていいという意見もあり。

②未経験である事。これは人と比べてしまう日本人特有のものとの意見がどのグループからも出ました。

③特殊な性癖は、法律の許す範囲で。という意見と、その想像を漫画にすれば良いという意見があって、なるほどな、、と思いました。

予定では運動をもう少し入れる予定でしたが、10人いると風船の呼吸法くらいで充分だなぁという感想です。

もうあと3回くらい、この講座をやったら、実技編というのも入れても面白いかも。なんて思っています。

お弁当もとても美味しかったです。

参加された皆様、tuttyさんもありがとうございました。

関連記事

  1. ワイヤー付きブラジャーは危ない!?

  2. 【書評】ちつのトリセツ 老化はとまる

  3. コラボイベントの感想

  4. お金は新しい経験を得る手段

  5. 腸リフレの動画

  6. チネイザン(内臓マッサージ)初体験