オーガズムについての考察

Pocket

今日は友人のヨガへ行ってきました。写真はそこで食べたゼリーです。とっても美味しかったです(^_-)-☆

ここ1年くらい、運動を定期的にやっています。

私自身は、そんなに太ってないし、運動もあまり好きではないので、これといった運動を1年前まではしていませんでした。

やるとしても我流で。40も超えたしやらないと体型が崩れると、人に言われたので1年間

ヨガやパーソナルトレーニングを続けていたら、それなりに変わってきました。

まずは、姿勢が良くなったと言われるようになりました。自分では気づいて無かったのですが、よく猫背になっていたようです。

そして、今日のヨガで以前までは支えられなくて、潰れてたポーズが出来る様になりました。

年齢が40歳超えてても、関係なく進化出来るんだなぁとしみじみ感じました。

ヨガの帰りに、オーガズムについて頭を巡らせていました。これは誰の事っていう訳でもなく。

私は連日、女性の悩みを聞いているのですが。

その中で「オーガズムを感じたことがない」「いくって何??」はとても多く。

RASでのテーマでもよく取り扱います。

案外、その悩みは身体がNGを出す場合もあり。

きっと「イク」はおまけで、全く性の事とは違う事がオーガズムの障壁になっている場合の方が多と感じています。

いろんな方の話を聞いて、オーガズムにも種類がある事が分かってきました。

「クリトリス」タイプ。「膣」タイプ。「脳」タイプ。

クリトリスでイクのが一番簡単かと、私は思っていたら、そうでもなく。

膣でしかイケないとか。脳だけで感じる人も沢山います。

(男性はいかせようとすると逆効果の場合が多々あるので注意です!!)

そして不感症だと思っている女性は多いものの、不感症の女性は私が見る限りではいません。

女性は必ずイケる身体を持っています。そしてもう一度書くと「イク」はおまけです。

そのブロックとなっているものが、女性は気持ちよくなってはいけないと、気付かずに信じ込まされた呪いであったり。

いつの間にか男女間で起こしてる見えない戦争だったり。

「サレンダー」降参すること。「武器を捨てる」こと。

きっとこれは大きなテーマだと思っています。

あとは、身体を整える事も大事ですね!!女性がSEXが一番気持ちよくなれる年齢は60代っていうデータがあります。

日常生活から、五感を整えておくこと。

性は奥深いけれども、この探求は私の中でずっと続くだろうと思います。

そして、年齢は関係なく進化していけると私の身をもって証明していきます。

11月27日 (土) ミニちつ講座やります

関連記事

  1. オンライン講座やりました

  2. 上がる膣の話

  3. DIYで作った癒しの空間

  4. 月経カップを使ってみた感想

  5. 一線を越えるな

  6. オイルトリートメントは世界を救う