内臓セラピー講習へ行きました

Pocket

11月中旬に内臓セラピーの講習へ行ってきました。

習ったのは、東京の目白にサロンがあるちふらさん。ちなみに内臓セラピーを受けたのは3回目で、久々でした。

私は自覚なしに、感情をため込みやすいのか、いつも結構痛いです(笑)

ちふらのサロンは、ドアを開けると良い香りがして、心地よい音楽と、至る所にやすはさんの気遣いが感じられ、施術以外でもとても勉強になります。

内臓セラピーとは

チネイザンをベースにした腹部の施術。内臓に蓄積された感情的緊張を解放する事で、全身のエネルギーの滞りを整えることを目的とするセラピーです。

内臓が感情とリンクしているのは、面白いですよね。

全ての病気の原因は内臓の感情の溜め込みと、内臓セラピーでは考えられています。

今回は導入編なので、小腸と大腸のほぐし方だけ習いました。

施術

はじめに全体の状態をチェック。脚の重さや骨盤のゆがみなどなど。

そして、小腸をほぐして大腸をほぐしました。

小腸は焦りや多忙過ぎると固くなり、大腸は悲しみや落ち込みなどの感情をため込んでいると固くなるようです。

相手をなんとかしてあげようという気持ちではなく、もともと備わっている力を信じてあげる事が大事です。

これは、施術以外でもそうですよね。相手の為に・・・という事の裏にはコントロールしたいという気持ちが隠れている場合があり。これはマイナスに働きます。

そして、小腸と大腸をほぐしただけで、不思議な事に首もほぐれておりビックリでした。

施術に取り入れて

習った後は、早速とり入れています。全体的にほぐれやすくなりましたし、邪気の処理の仕方も教えてもらったのでそれも良かったです。

さらに、私の施術ではひまし油パックをやったり、ストーンでお腹をほぐしたり。

施術がますますパワーアップしています。

ちふらさんでの内臓セラピーは、導入編を3時間3万円で習えます。

濃い内容で普段の施術に取り入れやすいです。興味がある方は受けてみて下さいね。

やすはさん、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちつほぐし1日講習 あと1人で価格改定します。

関連記事

  1. 日本人には塩が足りない!

  2. セックスと足指の関係

  3. 尿漏れに悩む女性達

  4. 感じる腟を育てよう

  5. 膣と頭の関係性

  6. 解放のセッションを受けました