子宮筋腫の話

Pocket

子宮筋腫とは、子宮壁に出来る良性のこぶで、筋肉が異常増殖したものと定義されています。

全女性の3割くらいにあると言われており、かなり小さいものを含めると7割の女性が持ってるとも。

私も、子宮筋腫があり、先日検診に行った時に5㎝くらいになっていました。

全く症状が無いので、経過観察、、というか1年くらい忘れていました(汗)

強いていうならば、生理前は頻尿になるのが、筋腫のせいかなぁと思います。

とる、とらない??

でも、身体って間違いを起こさないので、筋腫が出来るって事は何か出来た方が良い理由があるのです。

まずは、その原因を考える事。

私の場合は、子宮が下垂ぎみなので、それを支える為に外側に筋腫があるんだなぁと写真を見て思いました。

22歳の頃、卵巣脳腫も出来て手術しているので、生殖器系に腫瘍が出来やすいんですよね。

卵巣脳腫の手術をした後、半年くらい体調が悪かったので、よっぽどでない限り、手術は避けたい私。

「子宮筋腫は閉経するまでは、年々大きくなります。半年に1度定期健診を。」と言われています。

私の好きな作家の吉本ばななさんがnoteに、「手術しなければならないくらい大きい子宮筋腫が、海でめちゃくちゃ泳いだらなくなった。」という様な事を書かれていて。

まあ、癌もそうですが奇跡が起きる事もあるようです。

5㎝の筋腫を手術する気はありませんが(症状が無いので)身体からのメッセージである事は間違いないので、下垂しない様に運動頑張ります。

ちなみに、私は関節にガングリオンも出来やすく、左足と左の手の甲にもあったのですが、5年くらいあった左手のガングリオンをここ数日ほぐしていたら、つい昨日消えました!!

身体ってケアすれば、遅かれ早かれ反応してくれるものなのですよね。

子宮は神聖

同じ生殖器でも、膣と子宮って反対の性質を持っていると思うんです。

腟も、子宮も癒着するのですが、膣はほったらかしにすると癒着する。手をかけるのが大事。

なんですけど、子宮って何か反応を起こすと癒着する場合が多い様なんです。

例えば、堕胎後に癒着したり。

生殖器は神社に例えられる事が多いんですけど、

腟=参道 

子宮=お宮

産道はよく人が通るけれども、お宮の中って人があまり入らない。

だから、あまり子宮内はいじらない方が良いんだなって私は思っています。

まぁでも、筋腫でも痛みが強かったり不具合があったり、不妊の原因になってる様ならとった方が良いですし。

何事も、良い面悪い面。陰と陽があるので、何を優先するかを自分で考える事ですね。

ちなみに、子宮筋腫や排卵痛などには、私の店でもやってるひまし油湿布がかなりおススメです。

私も排卵痛があったのですが、暇なときにひまし油湿布を脇腹にあてていたら改善されました。

一番上の写真はひまし油湿布です。

関連記事

  1. 免疫力を上げていこう

  2. 膣と頭の関係性

  3. 膣カンジダになりまして・・。

  4. 足先が冷える時の対処法

  5. 日本人には塩が足りない!

  6. オイルトリートメントの効果