感情というエネルギーと身体の関係性(内側→外側)を学ぶ為の合宿へ行ってきました

Pocket

すごく長い名前の合宿ですが、私が今勉強中のRASの合宿です。

伊豆高原にある宿泊型の研修施設で2日間参加してきました。写真はその施設の前で参加者の皆様と。

すごく学びの深い2日間になりました。

RAS創業者の松坂代表と、RASの講座をしてくださっている吉田めぐみ先生が講師となり、宇宙の仕組みや身体と心。

感情消化についてなど、教えて下さいました。

感情を感じきる事

感情には良いも悪いも無いという事は、頭では分かっていても、やっぱり「怒り」や「嫉妬」や「僻み」はない方が良いっていう気持ちは捨てきれていませんでした。

けれども、そんな感情も喜怒哀楽体験としてする為に地球に生まれているし。消化するものが無くなったら地球にはいないという事が

本当に腑に落ちました。むしろ、感情に蓋をしない事で、その感情は消化されるそうです。

私は痛みの伴ったプライドが高く、人に嫉妬しやすいのですが、以前は嫉妬している事を見ないふりしていました。

でもRASを受けるにつれて「私は嫉妬をしている」と感情を受け止めて、さらにアウトプット出来るようになってきました。

男女間だけではなく、女性に対して「○○な所が羨ましいな~」とか。本人に伝えたり。

それを認められて、ようやく同じテーマの課題が終わる様です。

陰陽の話もとても興味深く、第一チャクラの会陰は(陰に会う)

だから地球の体験として陰を経験する様になっているんだと、目から鱗でした。

そんな場所をケアしている私は、そういう事を考えて始めた事では無いので、感慨深く、本当に大事なケアだと痛感しました。

はやくRASのセッションが出来る様になりたいです。手前味噌ですが、ちつほぐしと合わせれば凄い事になるに違いありません。

RASセッション

2日目は代表のセッション。

2つほど解決したい悩みを持っていきました。身体に色々と聞いて下さった結果。

・知識を得るよりも、自分の感覚を信じる事

信じ込みに、何かを得るには何かを捨てなければいけない、とかコツコツと努力しないと到達出来ない

という事があったので解放してもらいました。

あと、太ももが数か月前から荒れているのが気になると言ったら、太ももや腕は挫折感と関係あるそうです。

(セッション1日経った今、かゆみがとまり赤みが引いています)

そして、私がこの仕事をしているのも道なんだなとはっきり分かりました。

それからめぐ先生にセルフリフレを習い、「めちゃくちゃ痛い・・・。」と(笑)勉強になりました。

参加者さん達の出会いもあり、色んな感情を体験しながら1つ1つを消化していこうと思います。

今後の私が提供する施術もより質が高くなる気がしています。

関連記事

  1. タントリックヒーリング体験

  2. 3月の感想

  3. 女性は理性が強い。もっと本能的に生きるには。

  4. 巡る、流れるお金の話

  5. 明日死ぬかの様に生きよ。永遠に生きるかの様に学べ。

  6. 普通という武器