雇用されるのを辞めました

Pocket

この店を始めて丁度1年半。

店だけを運営していた訳ではなく、普通に雇用されている店もありました。

有難い事に、お客様もここ半年でグッと増えてきて、7.8月は大変忙しく。

収入的にも、暮らせるだけの利益を店単体から生み出す事が出来る様になりました。(と言っても、私が本気を出せばおそらく10万円くらいで1人暮らしも出来ます。)

本を読んだり、ブログを書いたり、インプットやアウトプットの時間が圧倒的に少なくなりました。

そんな訳で、雇用されている店を迷った末に辞めました。

1年間は売上1ケタだった

去年の3月に店をオープンさせて、今年の2月くらいまでは店単体での売り上げは10万円未満でした。

はじめの半年くらいは、SNS上では上手くいっている(様に見える)人が目につきやすく、人と比べては落ち込んだりもしました。

そのうち、赤字も出ていないし、勤めている店もあるし、旦那もいるし、このままでもいいかなぁと思う様になりました。

でも、今考えると、1年目にしては頑張っているほうだったと思います。自分に厳し過ぎました。

転機となった事

何も仕掛けずに、そのまま運営しているだけでは、ずっと売上1ケタだな。と思った私は、今年の初めにモニターを募って20名以上の方に無料で施術をして、感想をSNS上にアップしてもらいました。

これが1つ目の転機。Facebookで沢山の方にシェアして頂きました。

もう1つは、6月に講座を毎月始めた事。人前で話す事は苦手で、自分のような者がお金を貰っていいのか不安でした。

それでも、講座はほぼ定員を集める事が出来ました。ずっとお金を稼げるようになりたいと思っていたのですが、贅沢品にも興味はないし、老後の備えとも思っていない。

私はお金を稼ぐ事で、力と人望が欲しかったんですよね。

講座をやった事で、お金をすごく稼いでなくても、人って集められるんだ。と心の底から理解しました。

不思議な事に、お金の執着心が消えた途端に、店の売上もさらに伸びてきました。

そして稼いだお金は、循環させていきます。

この1年で増えるお金の使い方と、消えるお金の使い方も何となくですが、分かりました。

この話はまたいづれ。

雇用でもフリーでもどちらでも

来月から、店だけに集中するという事です。だからと言って、凄い訳でもなく。まだまだ波はあるだろうし、

安定なんてずっとしないんだろうなぁと思います。波があるからこそ、新たな事を考えだしたり。

3年後には、全く違う内容になっている可能性も大いにあり。

また雇用されて、何かを学んでみようと思うかもしれませんし。

柔軟に軽やかに生きていきたいです。雇用されていようが、フリーランスであろうが、自分が納得して働いていればどちらでも良いのです。

9月23日 フェイシャルリンパケア講習やります。まだまだ募集中です。詳細はこちら↓

https://tsukitoki.com/archives/campaign/rinpa

関連記事

  1. 衣食住にお金をかけてみる

  2. お金のブロックを外す事について

  3. 夫婦と性

  4. 勇気はショートカット出来ない

  5. 女性は理性が強い。もっと本能的に生きるには。

  6. 不安や恐怖の乗り越え方