男性が女性の為に出来る事

Pocket

つい先日、知人の男性と「男性が女性の為に出来る事」をテーマにFacebookのMessengerでやりとりをしました。

その中で(あぁ、女性達はおそらく男性にこれを望んでいるな)と気付いたので、少し偉そうではありますが書かせて頂きます。

生命力のある強い男性であれ

本当にこれだな・・・と思うんですよ。

女性の為に優しく接するとか、気遣うとか、優しく触れるとか。

例えば性行為中における「触り方」「言葉攻め」の仕方とか・・・いろいろマニュアルの様なものあったりするのですが。

その触り方云々の話よりも、人によるんですよ。テクニックの小手先の話じゃなくて。「誰が」という部分が一番大事で。

女性は、生命力のある強い男性に女性扱いされたいのです。

このワードを言うと(自分は草食系だから駄目ですね・・・。)と思われる方がいるかもしれませんが、

何をもって生命力があるか、強いか、というのはかなり幅があります。

強いて言うならば、身体は鍛えてて引き締まっていて欲しいと思います。これは私の個人的趣味ですけど。

というか、身体がたるんでいる男性が多すぎるんですよ・・・。健全な精神は健全な肉体に宿ると言いますし、やっぱり見た目は大事です。

男女共に。

昔の女性達の話

むか~し、むかし、男性が外で仕事をしていて、女性は家を守っていた時代。

男尊女卑の差別があったと言われている中、男性は強くて女性は弱い存在でした。

その時代は、女性のオーガズム不全は無かったそうです。女性が弱い存在として男性に身を任せていたからかもしれないですね。

男女雇用機会均等法で、男女の区別がなくなり、女性が「強い雄」だと思う男性が少なくなってきたんです。

本当に女性の方が男性よりも強いな、、と感じる事が多々あります。

勤めている店で仕事をしていても、男性の方が身体を壊しがちでよく休んでいますしね。

「本当に男性って弱いのね・・・。」と口に出さなくても、現代の多くの女性が内心思っている気がします。

だからこそ、今は稀な生命力のある強い男性に女性が殺到しています。

そういう男性が沢山いれば女性の為にもいいだろうなと個人的には思っています。

関連記事

  1. 人を癒す方法はいろいろ

  2. 女性は理性が強い。もっと本能的に生きるには。

  3. 自己をコントロールする

  4. 本音で生きる練習を

  5. 収入革命の前にお金のブロックを外したい

  6. いくつになっても新しい事にチャレンジ