60代も膣は若返る

Pocket

私の67歳(2023年4月21日現在)の母の話です。

母に許可を得てブログを書いています。

私は、母の膣ほぐしもしています。特に、母は膣に興味があるという訳でもなかったはずですが、

私が仕事で「これをやる!!」と決めたので、多分、開業時の5年前から、応援という意味で私の施術を受けてくれています。

毎月ではないし、空く時は半年に1度のペースになったり、まちまちなのですが。

期間が空いても受け続けてくれていることと、こちらも毎日ではないけれども、セルフケアをやってくれている事で膣への意識が、無意識でも沸いてきました。

そして、娘が膣を解すとか、普通は抵抗感があると思いますが、その点は新しいもの好きというか(笑)柔軟なんです。

私は勿論、母には一番健康でいて欲しいので、やりますよ。

で、先週、母が来て、久しぶりに施術をさせてもらったらびっくりするほどに膣が若返っていたんです!!!!

膣内の潤いも、引き上げ力も、もう30代から40代くらい(私調べ)になってました。

以前は、くしゃみをすると「尿が漏れる」と言っていて、(60代だから当たり前でしょ)という顔をしていましたし、

骨盤底筋も何というかだらんとした感じで、膣内もひだが少なくツルっとしている&潤いは皆無でした。

私も(まぁ、60代だからこんな感じなのか)と思っていましたが、それがゆっくりですが、5年の間に年を5歳重ねても、意識を持つ事で、膣年齢(?)は逆行していけるという事を、身をもって体感しました。

しかも60代後半で!!!

一方で、もしかしたら、私の解放が進んでいるから、母の膣に変化があった可能性もあります。

RAS的には、自分が解放されると先祖供養になるそうなので、私の解放が母の身体に変化をもたらせてる可能性も多いにあるという事も頭にいれておこうと思います。

2年前に、父が突然に亡くなってしまって、且つては5人で暮らしていた家族が今は母1人になり、

1人で、バス旅行に行ったり、ワイン会に行ったり、ボーリング習って楽しそうにしていますが1人では寂しいかなと思っていました。

が、膣の変化をみると、今は1人の環境を心底楽しんでいるんだと私は理解しました。

きっとあと20年くらい人生を謳歌するのではないでしょうか。

膣の施術をやってて、色んな良い事がありましたが、今回の出来事は「トップオブザ良かった事」です。

60代後半でも、膣は変わるって私の身体にダウンロードされました。

お母さんありがとうございます(^_-)-☆

関連記事

  1. 収入革命の前にお金のブロックを外したい

  2. 函南町に引っ越しました

  3. 脳の使い方

  4. 膣のセルフケア講座

  5. ふんどしパンツのすすめ

  6. フェムタシーさんで寄稿文を書いています