上がる膣の話

Pocket

これは子宮下垂の話ではないです。

いわゆる「あげまん」の話。

「あげまん」とはパートナーの運気を上げる女性の事を指すのですが。

あげまんであるか無いかは、膣の感度が関係してると私は思うんですよね。

感度が良い女性の方が、男として男性も自信がつくでしょ。

その自信が仕事や全部に本当に繋がってるのです。

本当はオーガズムも男性がいかせてるというよりも、女性が決めていってるんです。

世間一般では男性に与えてもらうものという認識が強いですけどね。

オーガズムを感じないからといって不感症ではないですし、オーガズムを感じなくても気持ちがいいという感覚があればオッケーです。

オーガズムは追うと逃げるので。

でも、女性はみんな本来、オーガズムを感じる体を持ってます。

それは上手い男性にいかせてもらう事でな無いです。自分自身の体を知って、運動やメンタルブロックも取り除いた先にあるもの。

「パートナーのセックスが上手くない。」と言っている女性は、その女性も下手なんですよ。

女性は自分の股の機嫌だけをとっておけば良いって本気で思います。

「膣の感度が上がると、男性が離れない体になる」って思いたいところですが、

そういうケースもあるし、

今までモテなかった男性が自信をつけて他の女性でも試したくなるケースもある(笑)

でも、そういうのも含めて、相手に自信をつけさせているのです。

駆け引きとか、そういった類の真逆にあるもの。

自分を通った男性は、みんな幸せになる。そのくらいの心意気で生きたいですよね。

ちなみに、ちつほぐしを受けたその日に、性行為をすると男性も女性も感度が上がると大変好評です(笑)

ちつほぐし講習リニューアルしました

7月24日 女性向け風俗の話 ZOOM

8月22日(日)解放のちつ講座 福岡 (残1名)

関連記事

  1. DIYで作った癒しの空間

  2. 膣ほぐしと舌はがし

  3. ちつ健講座やりました

  4. ちつのトリセツ たつの先生のサロン(イン八ヶ岳)に行ってきま…

  5. 2018年ありがとうございました

  6. セックスワークサミット2018「みんなで語るレズ風俗」