アラエイト女性の不思議な話

Pocket

アラエイト・・・。

アラフォーとか、アラフィフとかあるじゃないですか。

80歳近くの女性はアラエイトって言うのでしょうか?今回の記事は私のお店に以前来て下さった79歳の女性の話です。

実はあまりにもスピリチュアル的で不思議な話なので、ブログに書くのはどうかなぁと思って暫くは、私の胸の中にしまっていました。

でも最近、Zoomでちつほぐしの講習を受けた方々に向けてのアフターフォロー講習でその話をしたら、「面白い」とか「元気が出た」とかいう意見を頂きました。

そんな訳で、(抵抗なく読める人だけ読んでくれればいいや)とブログにも書く事にしました。ご本人様には許可済みです。

きっかけ

79歳のクライアントさんはなんと福岡から沼津まで施術を受けに来て下さいました。Kさんとします。

Kさんは約1年程前に、瞑想中に光が身体に入って来て、その日を境に自分の意識とは関係なく勝手に自分の身体中をマッサージするようになったとの事!!

地元のチャネリング出来る方に聞いたところ「Kさんは今後光を人に分け与える存在になる。光の存在はレムリアでその役目の為に、今は身体を整える為に夜な夜な自分の身体をマッサージしている」と言われたそう。

ちなみにレムリアとは、超古代にいたとされる愛と調和のエネルギーで、まだ地球上に人がいなかった頃に人の形を持たずに5次元で活動されたとされます。←私も全く知らなかったので、Kさんの話を聞いた後にググりました。

そして、半年以上も身体を整えていた手が、ある時口の中と腟まで入ってきてほぐし始めました。

Kさんはあまりにびっくりして、通われているサロンのセラピストさんに相談したところ彼女がネットで調べてくれて、「口腔と腟とレムリアと同じ施術をやっているサロンがある!」と沼津までそのセラピストさん飛行機に乗り2人で来て下さったのです。

光を分け与える人

かなり文章にすると怪しい感じですが、一緒に来たセラピストの女性も私と同年代で親近感が持てるタイプの女性でしたし、Kさん自身が80歳近いのにすごく元気で、店の階段も普通に上ってきて耳も遠くなく、(もう信じるしかないな・・・)という感じでした。

ご本人は、「私は普通の主婦なのにこんなお役目を頂くことなんてあるのかしら。どうしましょう。」と言っていらっしゃったのも良かったです。

実際に施術させて頂いたら、アラエイトでもちゃんと腟から酸が出てきました。(酸とはセコムのようなもの)

Kさん自身は、30年ほど自分の意思では膣に指もなにも入れていなかったらしいのですが(性行為もなし)、レムリアにより夜な夜なちつほぐしをされて、、さらに元々食事とか運動にも気を付けているので膣が潤っていたんですよね。

「これなら、性行為出来ますよ。」と言ったら「それは勘弁。」と笑っていましたけど(笑)

私はすごく感動して、良い腟を作るには年齢よりも毎日の積み重ねだなぁと本当に良い体験をさせて頂きました。

私は今年で40歳。Kさんは今年80歳。丁度年齢も倍生きている女性の元気な姿はとても励みになりました。

Kさんは3年前にインドの山に登ったり、福岡から沼津まで施術を受けに来たり、新しい事を受け入れる力も関係していると思います。

そして、私の施術がレムリアのやっている事とそっくりだと言って下さいました。

言葉を励みに

自粛期間が延びて、4月から予定していた東京での講座がいくつも出来なくなり。

お店は休業はしてないまでも、はやり人に触れる仕事なので予約が入り辛い状況になっています。

それでも、Kさんが「レムリアと施術がそっくり」と言ってくれた事が励みになっています。もしかしたら、私のルーツもレムリアなのかもと思っています←日本人は多いとネットには書いてありました。

今は私も時間がある中で、身体を整えたり勉強をする時なのかと思って頭を切り替えています。

現実問題、店の事に関しては持続化給付金の事も頭に入れています。個人事業主の方は多くの方が対象になるので、読んでみて下さい。

私は、必要な所にはお金が入るというスピリチュアル的な事も信じていますが、こういう制度を利用する事も(必要な所にはお金が入る)に入ると思っています。

最後、急に現実的な話になりましたが(笑)

また、コロナが落ち着いたらKさんと連れて来てくれたセラピストの女性に会いに福岡に行く予定です。

:::::::::::::::::::::

5月16日Zoomでミニちつ講座やります。

関連記事

  1. お客様からの感想

  2. 膣ケア、ヨーロッパは当たり前

  3. 膣ケアは1日にしてならず。

  4. 松子さんとのコラボ講座感想