恥ずかしさを超えていけ

Pocket

先日の講座で、オーガズムを感じる為のマインドとして「どこまで理性をなくせるか。」という話をしました。

これは「恥ずかしい自分を見せても良い!!」と思う事なのですが。

女性は特に理性が強くて、男性よりも他者の気持ちに敏感だったり、自分が我慢すれば良いや・・・と自己犠牲になりやすい性質があるんです。

日常から繋がっている

これ、性的な話だけの事じゃなくて、日常から繋がっているんです。

私自身も、本能よりもどちらかというと理性が強い人間なので。

本能に従って行動出来る女性を目の当たりにした時に、(そこまで他人を気にしなくてもいいんだなぁ)なんてハッとします。

そういう女性は、やっぱりいくつになっても独自の色気がありますしね。

日常生活でも、自分の快不快に正直になる。

行きたい場所へ行き会いたい人に会い、、逆に言うと会いたくない人には会わずに行きたくない場所へは行かない。

こういう事の積み重ねなんですよ。性行為の時だけ理性を飛ばそうとしても無理です。それで男性のテクのせいにするのは、がめつさ以外の何ものでもありません。

恥ずかしさの向こう側

私自身、このような活動をするにあたり、「恥ずかしい」という気持ちを何度も超えてきました。

元々は、性の話をする事が苦手で、下ネタ的なものも一切受け付けないタイプだったんです。しかも人の目を見て話すことさえ苦手だったという・・・。

私の事を以前から知っている人は、頷くはずです(笑)

なので変に思われたり、人が離れていく事は覚悟していました。

そんな覚悟を持って活動してたら、人が離れるどころか、応援してくれる人の方が圧倒的に増えてきました。

講座も施術も遠くから来て下さる方もかなりいて、人って温かいんだなぁとしみじみと思います。

だから、もっと自分をさらけ出して生きて良いのです。恥ずかしさの向こう側は、見通しの良い世界が広がっているかもしれません。

7月27日(土)ちつ健講座やります。詳細は↓ 残席1人となっております。https://tsukitoki.com/archives/campaign/chitu

関連記事

  1. 膣ケアはパートナーを引き寄せる??

  2. いくつになっても新しい事にチャレンジ

  3. 無料モニターを募った感想など

  4. 自分の人生を信頼する事

  5. 本音で生きる練習を

  6. 衣食住にお金をかけてみる