感じる腟を育てよう

Pocket

先日、近所の鍼灸師の方に私の施術を受けて頂く機会があったんですよ。

そしたら、「なおぴー(私)手の密着度が高いし、ツルっとしているね。」と褒めて頂きました。

ちなみに、私の下の名前は「なおこ」ですが、なおぴーと呼ぶ人は2人しがいません(笑)

そして、「手は育てるものだからね。」と教えてもらい、

そうか・・・私の手も徐々に育て作られてきたんだなと感じました。

お寿司屋さんの手はシャリが温まらない様に、冷たいと聞いた事がありますしね。

腟は育てなきゃ気持ち良くなれない

で、ここから腟の話になりますが、感じる腟は育てなければなりません。

お客様から、「パートナーに腟内を触られていたり、挿入されていると乾いてきてしまう。」と相談を受ける事が度々あります。

これ、男性の触り方が下手というよりも(それも一理あるかもしれませんが)

腟が育ってないんです。

腟内って感覚が鈍いので、育っていない腟だといくら触られても気持ち良くありません。(腟内のみの話です)

どんなにテクニシャンに触られてもです。

むしろたまにTwitterにいる、中〇かせ師とか〇吹かせ師みたいな人に育っていない腟を触られると事故の予感しかしません。

それなら「女性の身体は分からないから怖い」という男性にそっと触ってもらった方が安全なくらいです。

腟を育てるには

腟内の感覚を育てるには、定期的に中に何かを入れる事です。

何か・・・というのは色々とありますが。

自分の指でも良いし、アダルトなグッズでも良いし、インナーボールでも良いし。

何でも自主トレって必要じゃないかな。

個人的にすごくおススメなのが、生理の度に使用する月経カップです。

私は使い始めてもうすぐ1年ですが、かなり腟内の感覚が変わりました。

月経カップ

私の使っているメルーナのカップです。取っ手がリングになっている方が取り出しやすいです。

初めはリング部分を何かの民族の様に(そんな民族いないと思いますが)外に出して着用していたのですが、

使用感が悪いのでグッと奥にいれたらスッポリと良い感じで収まりました。

ところで、月経カップの話をすると、意外な事に「見た事もない。」とか「使っている人を初めて知った。」と言われる事が多々あります。

もともと、私は腟を育てる為に使い始めた訳ではなく、「使い捨て生理用ナプキンを使わずにいたい。」というエコ精神からです。

折角なので、今度私が「まん健講座」で月経カップをお見せします。

勿論、未使用品です(笑)

気持ち良い腟は、男性に任せきりにするよりも、女性もある程度の簡単な努力でグンと変わってきます。

パートナーがいなくても、もう生理がないから・・・なんていう女性も、腟の感覚を鍛える事は性行為だけの話ではなく。

第一チャクラなので、直感力を上げる為でもあるのです。

6月29日(土)昼 に 健やかな腟を~まん健講座~やります。内容は以下をクリック。

https://tsukitoki.com/archives/campaign/manken

関連記事

  1. 腸リフレの動画

  2. セックスワークサミット2018「みんなで語るレズ風俗」

  3. 一明源さんの性教育講座

  4. 価値観を変える

  5. 骨盤底筋マッサージで顔が穏やかに

  6. 女性ホルモンに働きかける働きかける施術