「話す」は「放す」

Pocket

8月15日、終戦記念日にダージャさんと2度目の「感度を上げる膣ケア講座」をやりました。

前回の7月31日から2週間。

実はその間に、3年ぶり人生2度目のカンジダ膣炎になってしまい。。

なんでカンジダになったかと言うと、

7月は、おまんこに無理をさせ過ぎたのですね。1回目の講座が終わってホッとした矢先の事でした。

ブラジリアンワックスをやった直後に婦人科検診に行ったり。

他にも、講座のネタ作りの為に、酷使しすぎました( ;∀;)

感度が上がるって逆方向(マイナス面)の影響も受けやすくなるんですよ。病気は気付きでもあります。

病院にも行きましたが、アロマを塗ったり、海へ入ったり。膣を触らないマスターベーションで、膣内を流して治しました。(治し方が我流なので、病院へは行って下さい。真似すると酷くなる場合があります)

そして、1回目の講座が終わった後に、自分の心に隠し持っていた「闇」「陰」に気づいてしまった話もしました。

その流れで、参加された方々も、自分の中にある「闇」や「陰」を含めた話をされていて。

私が話すよりも、参加された方々の話にダージャさんが答えている事が多かったですが、

本当に大きくエネルギーが動いた気がしています。

詳しくは書けないのですが、途中から参加された女性が「人生で決断した大きな話」をして。

「自分の周りから誰一人いなくなる事を覚悟したけれども、結果いなくなったのは1人で誰もいなくならなかった。」と言っていました。

もう、本当に「覚悟」これしかないんだなと思います。

覚悟をすると助けが入る。私も特にこの仕事をし始めてから、何度も経験してきました。

講座の終盤に、私の顔が前と変わったとダージャさんと参加者の女性に言われました。

きっと、「話す」は「放す」で。

話す度に解放されていくのだと思います。

8月31日 東京で感度を上げるちつ講座やります。

9月3.4.5日 神戸でRASやります。

関連記事

  1. マッサージ講習の感想頂きました

  2. お金は新しい経験を得る手段

  3. ファスティング その後

  4. 新潟に壁塗りの手伝いに行ってきました。

  5. オイルトリートメントは世界を救う

  6. 2018年ありがとうございました