日本人には塩が足りない!

Pocket

ハーブテントに入っていただく時にハーブティーではなく、私の店では「塩水」を飲んでもらっています。

0.9パーセント濃度の塩水です。体液の塩分濃度とほぼ同じで、ミネラルがたっぷり含まれた塩水なのでお客様は「美味しい!!」と言ってくださいます。

日本人には塩が足りない

「塩分の摂りすぎはよくない」

ずっとそう思ってきましたが、逆に塩不足だったのです。

こちらの本にも塩は人間にとって「いのちの源」として書かれています。

冷え性、アトピー、生理痛などの身体の問題も塩不足が原因であることの他に、対人恐怖症、うつ病、不感症などの原因の可能性もあるそうです。

私の変化

私が塩に興味を持ったのは1年前。周りの友人達が塩について熱く語っていた事がキッカケです。

もともとしょっぱいモノが好きだったので、塩は良いモノなんだと分かり毎日水筒に0.9%濃度の食塩水を入れて飲むようにしました。

(500mlに対して小匙1杯より少なめの塩を入れてます)

肌の艶が出てきたのと、体温が高くなりました。毎日活動的になりました。

どんな塩を選ぶ?

生命にとって必要なミネラルを含んでいる塩です。「本来の塩」と塩化ナトリウムは違います。良い塩を摂りましょう。

今、お店ではオーストラリアのシャークベイ海岸のもので完全な天日で2年以上熟成された塩を出しています。

あとは沼津からほど近い戸田塩も良いですね。沖縄のぬちまーすも美味しいですし。

写真は新潟の村上市で買った塩で、これも凄く美味しかったです。

自分でいろんな塩を舐めてみて、美味しいと感じるものを摂れば良いです。

身体に不足しがちなミネラルを、塩を変えるだけで補える。是非やってみて身体の変化を感じていただくと良いと思います。

関連記事

  1. 膣カンジダになりまして・・。

  2. 膣と頭の関係性

  3. セックスと足指の関係

  4. オイルトリートメントの効果

  5. 足先が冷える時の対処法

  6. 眠れぬ夜は1滴の精油を