食事のレコーディング

Pocket

3月からボディカウンセラーの山口さんの元で、RASと食指導の3回コースをお願いしていました。

今日で3回目のセッションが終わり、新たな気持ちで立っています。

食指導は、元々私は痩せていて、もう少し身体のボリュームを出したいとお願いしたのですが、

全く思わぬ方向に3ヶ月進んでいました。

3ヶ月の間に3度も高熱が出たのも、意味が大いにあったのでしょう。

山口さんから課せられた宿題は、食事の記録を残すレコーディングでした。3月は、体調が崩れて辞めてしまっていたのですが、4月から1ヶ月ほど真面目につけました。

私は、元々「腸活」を1年前からやっていて、1食をフルーツにして身体の流れをよくするというものですが、食に対しては楽しむという観点があまりなく。

どちらかというと「身体に負担のない食べ物を食べる」というだけものでした。

レコーディングをやり始めてから、意識がガラっと変わり、1食1食を楽しむ事にいつの間にかシフトして、

ほとんど1ヶ月間3食、自炊していました。

外で食べるよりも、自分で作った方が納得のいく食べ物になると気付いたからです。

私は料理上手では全くありませんが、自分で作る料理が好き(自分の味になるので)で

「このご飯美味しい!!」と自画自賛しながら食べるようになりましたwww

ただし、旦那からはそこまで褒められないので、やっぱり自分の好きな味なんだと思います。

野菜も気に入っている無人販売所を見つけて、そこからメールが届くので、

新鮮な野菜を買いに行けるようになったし、水も湧水を汲んで飲んでいます。

健康になるにはお金がかかると思われがちですが、意外とそうでもないんだなと思います。

レコーディングノートはこんな感じ

POPちゃんのチャレンジノートと一緒になっているので、ごちゃごちゃで字も走り書きですが。

熱を3回も出した関係で、本来の目的の、体重を増やすところまで行っていませんが、

次は水分を1,5リットルまで徐々に増やすと良いと山口さんからアドバイスを貰いました。

これから、なりたい私になる為に、食の下地と確固たる考えがこの3ヶ月で身に着いた気がしています。

3ヶ月のコースは終わりましたが、レコーディングはまだしばらく続けていきます。

山口さん有難うございました。

関連記事

  1. 思考は現実化する

  2. 価値観を変える

  3. ちつのトリセツ たつの先生のサロン(イン八ヶ岳)に行ってきま…

  4. 和室の壁塗りをしました

  5. パートナーシップと衣食住

  6. 好きな人に好きと言う事