RASインスタライブ要約(保健室編)

Pocket

保健師、看護師の晶代さんとインスタライブしました。

晶代さんは、大学の保健室で保健の先生をしていて、保健室に来た学生の方にRASを提供しています。

私が看護学校を1月に受験したが、面接で不合格になった件から考えていた事を質問させて頂きました。

「例えば、私が面接で受かって、看護学生になったとしても、自分の道でなければ学校を辞める事になると思う。保健室でRASを受けた学生さん達は、どうなのか??」

という質問にも、晶代さんは綺麗ごとではなく、

本当に真摯に答えてくださいました。

以下要約

・資格を持った方が良いという事で入った子や、お父さんお母さんの勧めで入った子は、本質ではない場合に病気をいう形で現れる。

・SOGIというLGBTではなく、性別ではなく、心が「自分は男性、女性だ」と思えば、それを肯定していく。という言葉があり、病院でもSOGI外来などがある。

・実際に、何人も学校を辞めていかれる方に晶代さんは立ち会った。けれども、自分の心に正直になった結果なので、その場合は良い方向に向かう事が殆ど。

・RASを受けて、受けて自分の光に気付く。そして眩いばかりに光り輝く学生さん達。

・学生さん達が、RASの効果を感じて「保健室行ってみなよ」とどんどん宣伝をしてくれる。

・「忙しくて、大変じゃないですか?」という私の質問に、忙しさもRASで外すと、必要な時に必要な物が入ってくる。いろんなタイミングがピタッと合う。

・今後の晶代さんの展開は、全国の保健室の先生やサロン、カウンセラーの先生と繋がる事。学びを深められるオンラインサロンの様なものを立ち上げたいと計画中。

::::::::::::::::::::::::::::

きゅんきらフェス さいたまスーパーアリーナ

次回は3月16日21時半、女の子3人の母、山田香織さんと一緒にRASについてインスタライブします。

関連記事

  1. 始めから全部知ってるの

  2. 京都へ行ってきました

  3. 膣ほぐしと舌はがし

  4. オンライン講座やりました

  5. 性の解放コースについて 補足

  6. 和室の壁塗りをしました