子宮は身体の中心

Pocket

先日、東京で婦人科セミナーをして下さった、オステオパシーの清水先生が

「子宮は身体の中心で、女性は子宮があるから軸がぶれやすくなる。婦人科系の問題は、ほとんどが子宮の位置異常という話をされていました。」

私自身の子宮も右に寄っています。

ここ2日ほど、来て下さったお客様に着衣の上から子宮の位置を確認する練習をさせてもらっています。

私は頭で考えすぎる癖があるので、触れた時の第一印象を大切に「考えるな、感じろ」の精神で触れています←という事を考えている時点でまだまだなんですけど(笑)

とにかく初めは沢山の方に触れる事が大事なので、私に会う予定のある女性の方、触らせて下さい♡

着衣の上から、子宮の位置、捻じれ方向や、臓器の癒着を剥がしたり、捻じれを取ったり。

とにかく内容が盛りだくさんで、今は全部消化出来ていません。

けれども、少しづつでも分かってくれば、施術がもっと楽しくなるなぁとワクワクしています。そして、今まではそんなに興味の無かった、解剖図をスマホのアプリでまじまじと見ては、

「あ~、こことここが癒着するのね」と。

そう、臓器の癒着と捻じれが痛みや不調のほとんどの原因で、案外、身体の中は簡単に癒着するんだなというのが、今回の新たな発見です。

すべての臓器が、ちゃんと独立して、それぞれの機能を助け合いながら動けば、不調も消えていくでしょう。

ますます女性の子宮や膣は、身体全体に及ぼす影響が大きいという事を思い知らされました。

そして私は、6月からなぜか勉強の日々が続いています。この流れはどこに繋がっていくのか・・・・。

精進いたします 。

::::::::::::::::::::::::

8月19日(土)感度を上げる腸活講座

関連記事

  1. 道が正しければ仲間は後からついてくる

  2. 表舞台へ立つ

  3. 食事のレコーディング

  4. ちつのトリセツ たつの先生のサロン(イン八ヶ岳)に行ってきま…

  5. 勉強の日々