一線を越えるな

Pocket

先日、箱根神社に行ってきまして。

引いたおみくじが大吉だったのですが、

恋愛の所だけ、随分強い語調で、書かれてたのが

「一線を越えるな」だったのです(笑)

一線って体の関係を指すとは思うのですが、

丁度、カンジダに8月にもなったし。

なんとなく、膣を大事にした方が良いなと思ってた所だったので、非常にタイムリー。

ちつほぐしを仕事でするようになってから、

「膣に何か入れないと癒着しやすくなるから、アプリでも何でも使ってなるべく相手をみつけて下さい。」と

色んな人に言っていたのですが。

やっぱりさ、人は選んでいかないとね(笑)

そんな訳で、私はしばらく自然とセックス(海へ行ったり山へ行ったり)のみにして、自分を整える事に専念します。

そしてセルフケアとセルフプレジャー。

ちつの状態は、良いセックスをした方が良いって事は間違いないのだけれども、

相手がいなくても、セルフでどれだけ整える事が出来るか(もちろん、女性風俗系は一切使わず)実験です。あとは、女性セラピストにお願いする。

私は人生を賭けて人体実験しているので。

ところで、箱根神社は函南に引っ越してきてから、良く行く様になりました。

沼津にお店があった時は、目の前に浅間神社があったのです。

そこの神社には女性の神様がいて、店をオープンした直後に「宜しくお願いいたします。」って1000円をお賽銭箱に入れたんです。

そしたら、入れた直後に初めて知らない方から予約が入ったんですよ。

で、それから毎月欠かさずに3年間1000円をお賽銭箱に入れていました。随分神社には守ってもらいました。

今は箱根神社がいつの間にか毎月行く神社になっています。

歩いていたら、参道で蛇と会ったので、歓迎してくれていたのかもしれませんね。

そんな場所で引くおみくじなので、守った方が良いんだろうと思います。

10月9日(土)ちつの座談会やります。あと2名入れます。

関連記事

  1. 痛い施術は嫌い??浮腫みをとる講座を受けてきました。

  2. 解放のちつ講座イン福岡 感想!!

  3. セクシュアリティコース

  4. 思考は現実化する

  5. 【書評】ぼくたちは習慣で、できている。

  6. 一明源さんの性教育講座