Pocket

ここ毎日、誰かしらにワクチンの事を聞かれるのですが、

ワクチンの、強制は今の所無いはずですし、「打ちたい人は打てばいい」し、「打ちたくない人は打たなければいい」んじゃないかな?

私は打たないのですが、仕事も生き方もどちらかと言うと自然療法的なものに興味があるので、

心と体と行動を一致させておきたいのです。

まだよく分からないモノを体に入れたくないし。

私の様にこういう気持ちで、ワクチンを打つと副反応や副作用が普通に出ると思うんで。

でも、ワクチンを打つ方の事も否定はしないです。

昨年末に急死した私の父は、薬の卸の仕事をずっとしていて。振り返ると薬が身近にあり、子供の頃は「酔い止め薬」を車に乗る前に飲まされていました。

私は酔い止め薬が大嫌いで、酔い止め薬を飲むと余計に車に酔うと子供の頃から思っていましたけれども。

それが、薬嫌いの今に至る発端という感じなのですが、父は薬の力をかなり信じていて高血圧やその副作用を抑える薬など毎日沢山の薬を飲んでいました。

でも健康でした。厳密には、色々と不調はあったとは思いますが、

亡くなる直前まで、美味しいものを食べて、旅行に行って、良く寝て。という事だったので健康でしょうね。

嘘みたいにいなくなってしまったけど。

だから、きっと今、生きていればワクチンも打ってると思います。

父は別にコロナが怖くてとかじゃなくて(GOTOでめちゃくちゃ出かけてた)、薬やワクチンの力を信じてるし、そういう仕事を30年以上してきたから。

要は、内側と外側が揃っているって事が大事で。父の様な人がワクチンを打っても、あまり副作用も出ないんじゃないかと私は思うんですよね。

一番怖いのは、周りの圧に負けて嫌々打っていたり。

まぁ、逆に本当は打ちたいけど、周りが打つなと言って打ってないケースももしかしたら何か副作用があるのかもしれないですね。

打たない理由も打つ理由も、調べれば調べるほどあるんだけど。結局は自分の軸が何処にあるのか。

内側と外側が揃っているか。

普段は自然派って言ってる方が「ワクチン打ちました」って「ん??」ってなりますし。

きっとそこなんだろうなぁと思います。

軸と言えばやっぱり膣だよね!!

膣に意識を向けるほど、ブレない生き方に近づいてきている気がします。

関連記事

  1. ちつほぐしと法律

  2. 和室の壁塗りをしました

  3. DIYで作った癒しの空間

  4. 一線を越えるな

  5. 自分は何を望んでいるのかを知る

  6. 色と身体の心理的な効果