• 足と骨盤底筋ケアでホルモンを活性化
Pocket

アトピー性皮膚炎。ギリシャ語で「奇妙な」という意味を表します。

つまりは「原因不明の皮膚炎」

現社会では多くの人が悩んでいる病気の1つです。

私も子供の頃からアトピー性皮膚炎を患っています。

今は、かなり綺麗になり「アトピーなんです。」と言っても「全然そう見えないね。」と言われるくらいになりました。

特に今年は、いつもは酷くなる花粉の時期なのに症状がほとんど出ずに、自分でも驚いています。

しかし20代の頃は特に酷く、販売業をしており生活が不規則だった事もあり、顔にはあまり出ていませんでしたが、身体は湿疹だらけで掻きすぎて変色していて、自分の身体に自信が持てずにいました。

 

その為、諦めた事も沢山あったな、と今は思います。

「これを飲めば治る。」と言われたサプリに手を出した事もありました。

 

アトピービジネスというものが巷ではあり、アトピー性皮膚炎の人は藁にも縋る思いで、そういう類のものに手を出してしまう理由もよく分かるし、アトピーに悩み自殺をした・・・というニュースを聞いても、「そんな事で死ぬなんて。悩んでいる人は沢山いるのに。」なんて思いません。

(アトピーで悩み自殺をする人の気持ちが、私は分かる)という事です。

あの痒みと、見た目がボロボロになっていく絶望は、経験した人じゃないととても分かるものではありません。

だから、私自身がサロンでアトピーについて取り上げる事は差し控えていました。

 

アトピーが改善される仕組みは、いろんな要因があり、依存されたくないし、依存したままでは改善は難しいと私自身がよく分かっている為です。

しかし、先日ある方と話して(その方もアトピーを昔患っていて、今は綺麗になっています)私の経験と今やっている事を組み合わせれば、誰かの為になり、過去の自分も救われるのではないかと考え始めました。

 

今思い描いているのは、リンパケア+肝臓の活性化を、アトピーの方に向けてのコースを考案中です。

 

もちろん、サロンに来て1時間ちょっとの施術を受けただけでは、アトピーは改善されません。普段の生活と心が大切なのです。

 

私は医者ではないし、これから私が話す事も、記事に書く事も、誰かにとっては間違っていると感じるかもしれません。

でも、10年以上、私がアトピーに悩み続けて、自分の身体を実験台にしていろいろ試した結果なので、私は私の言葉で自分の感じる真実を語りたい。

それが、誰かの為に、、そして私の為になると考えています。

 

これからアトピー改善への道を様々なテーマで投稿していきます。良かったら読んで下さい。

サロンオーナー 三樹 菜緒子