膣カンジダになりまして・・。

Pocket

膣についてアレコレ言っている私が、こんな事を書くのもアレなのですが・・。

誰かの為になると思うので、書きます。

膣カンジダになりました。

広義では性感染症に入るようですが、ほとんどの場合は感染ではないようです。

膣カンジダとは

https://brand.taisho.co.jp/meditreat/candida/

カンジダ菌は、じつは健康な女性でも持っている常在菌。“腟カンジダ”は、疲れやストレスなど抵抗力が落ちることで発症する、女性であれば誰にでも起こる可能性のある疾病です。また、再発を繰り返しやすい疾病としても知られています。

膣の中にいる常在菌のようです。

原因や症状

私の場合は恐らくインフルエンザにかかった時に、抗生物質を飲んだ事で、膣内の菌の状態に変化があったんだと思います。

加えて、私は月経カップというものを生理中に使用しているのですが、あまりに楽過ぎて最後の方は長時間使用していたり・・・・。

この辺りが原因じゃないかと思っています。

症状は、排尿時に染みる感じと、たまにむず痒い感じがしていました。

そんなに酷くはなかった様で、膣内に薬を入れてもらったのと塗り薬をもらいました。

私の場合は5日もあれば充分に治るとの事で、治ったか確認も要らないと。

ひとまずホッと(*^-^*)

予防

まぁ、あれですよ。

膣に触れる事が多いゆえに、私本来の乱雑さが出てきてしまったというか。

もっと神聖な場所という事を意識して、お客様の膣は勿論の事、自分の膣に関しても「おまんこ様様様」くらいの気持ちで接していこうと身が引き締まりました。

具体的には

下着は通気性が良くて、天然素材のものを身につける。しかも1年で買い替える。

・下着のクロッチ部分は手洗いした後、洗濯機へ入れる

・古い布ナプキンは処分。

・月経カップを使う1日目は煮沸消毒する。最後の日も同じく。

・膣まわりは清潔な手で触る。

上記の事をやっていこうと思います。

そして、どんなに清潔にしていても、体調によっては膣カンジダになる場合もあるので、その時は病院へ。

外陰部は神経が過敏で、少しの事でも不快に感じます。

診察に行きづらい場所でもありますが、市販の薬を塗っているだけでは治らないですし、他の感染症の場合もあります。

何か不安な事があれば、産婦人科で診てもらいましょう。

関連記事

  1. 肌の乾燥を防ぐ入浴法

  2. 尿漏れに悩む女性達

  3. オイルトリートメントの効果

  4. 膣と頭の関係性

  5. 足先が冷える時の対処法

  6. 眠れぬ夜は1滴の精油を