チネイザン(内臓マッサージ)初体験

Pocket

先日東京池袋にある隠れ家的サロン、ちふらさんにて

チネイザンという内臓セラピーを受けてきました。

@salon Cifra

チネイザンとは

お腹への優しいタッチを通して、身体の不調や心のバランスを整える施術です。

大腸や肝臓、腎臓などの臓器にタッチすることで、内臓にこもる感情を解き放ち、心と身体のバランスをととのえていくとのこと。

リラクゼーションよりも、もう少し治療に近い感じですね。

もう少し言うならば、身体を整えてもらうというよりも、整えるのは自分の力で、その方向に導いてもらうと言った方が良いかもしれません。

そんなこんなで、私はワクワクした気持ちでサロンを訪れました。

施術中の事

池袋の雑居ビルの1室。

外からは、サロンがあると分からないのですが、部屋の内装は心地の良い香りと音楽。異空間で入った瞬間から癒される感じでした。

今回は90分15000円のチネイザンコースでお願いいたしました。

丁寧な問診の後、施術に入ります。

セラピストのやすはさんが、はじめに「シータヒーリング」で少しだけ身体の状態をみてくれて、その後お腹を触ってもらいました。

私は15年くらい前に卵巣嚢腫の手術をしていて、それ以降、痛くは無いのですが右のお腹に張りを感じていました。

右のお腹だけ盛り上がっているとやすはさんに言われ、ちょっと触られるだけでかなり痛い・・・・。

(これは90分辛いかも)と思いながら、ハーブボールをお腹にあててほぐしてもらいました。

この玉ねぎ型の物体がハーブボールです。

ハーブボールでお腹をほぐされただけで、かなり柔らかくなりました。

そしてチネイザン自体も痛いから、イタ気持ちいい、気持ちいいに変わってきて、ここ10年くらいの中で一番お腹がホワホワに。

施術後の事

施術後にトイレに行ったら、前日に終わっていた生理の経血がまたちょっと出て、かなりデトックスされたと感じました。

それから、私自身はあまり気にしてないのですが、かなり溜め込みやすい性格がお腹に表れているとの事!!

おぉ、、痛い所をつかれたなと思いました(笑)

内臓と心って繋がっているんですよね。それから、普段の生活や仕事で気を付ける事なども教えてもらいました。

番外編

チネイザンマッサージを受けて、1人で池袋の街を歩いていたらお腹が痛くなってきました。

それは便意とかではなく、急に走った時に内臓が動いて痛くなる感じと似ており、、

座ってご飯を食べたら痛みも消えました。多分、内臓が大きく動いたんでしょうね。

次の日、お腹をみたら、臍の形がシュッと縦にカッコよくなっていました。チネイザンってすごい!と思いました。

今はもう、いつものお腹に戻っていますが、また伺いたいと思います。

関連記事

  1. 【書評】ちつのトリセツ 老化はとまる

  2. リラクゼーションは何の為??

  3. セックスワークサミット2018「みんなで語るレズ風俗」

  4. オイルトリートメントは世界を救う

  5. DIYで作った癒しの空間

  6. 骨盤底筋マッサージで顔が穏やかに