インタビュー受けました(*^-^*)

Pocket

友人でもあり、イベンターでもあるナカヤママリコさんが、私のインタビュー記事を書いて下さいました。

インタビュー記事

ほとんど雑談していただけだったのですが、こんなに上手に私の言いたい事をまとめくれて、流石だな!!と思いました。

ありがとうございます。マリコさんが「ミキコさん(私)が何をしようとも、応援するよ!!」と言ってくれて、本当にうれしかったです。

怖かった一年前

 

日本ではタブー感が強い、性について私の店で取り扱っていこうと決めたのは1年前くらい。

それまでは、そういう類の話は苦手でしたし、決めておきながらかなりの抵抗感がありました。

今まで付き合いのあった人から、変に思われるかもしれない、離れていく人もいるだろうと予想していました。

ところが、そんな事はほとんどなく、新しい地元の友人との輪が広がったし、

マリコさんの様に、仲が良かった人とは、さらに深い話が出来る様になりました。

陰ながらサポートしてくださる方や、遠くから施術を受けに来て下さる方もいて、、、、。恐れていた事って一体なんだったのだろう。と思います。

真面目に性を語るのは楽しい

 

昨日は友人が主催した性教育講座というのに、参加してきました。(またレポを書きます)

性は生きる上で、どうしても切り離せないものなはずなのに、無かったものになってるんですよね。それも、国家単位の洗脳の一種で、どうやら私達は洗脳されているらしいと・・・。

みんないろいろ悩んでるはずなのに、悩んでない振りをしようとする。

自分の欲に(本能に)正直に生きた方が全然人生が楽しくなる。それは、人と違う事なのかもしれないし、タブーを犯している事なのかもしれない、痛い目に合うかもしれない。

失敗しても何があっても、心を許せる友人がいれば、笑ってそれさえもネタに出来そうな気さえしています。

改めて、マリコさんいつもありがとう。

関連記事

  1. 和室の壁塗りをしました

  2. 身体も心も甦る~きらめ樹フェス2018~

  3. 【書評】ぼくたちは習慣で、できている。

  4. ワイヤー付きブラジャーは危ない!?

  5. 自己対話ノートで自分を知る

  6. ふんどしパンツのすすめ