膣マッサージの効果

Pocket

2月くらいから、半年ほどセルフ膣マッサージを続けています。

やり方は簡単。

オイルを人差し指か中指にとり、膣内を横に押し広げる様に塗ります。

親指を入れ、肛門側をほぐす事で便秘解消にもなります。入浴前か、入浴後にやっていますが、簡単なので5分で終わります。

こちらの本「ちつのトリセツ」にやり方が詳しく載っています。

会う人会う人におススメしていますが、女性は是非読んでください。

膣を触るのが嫌だ

自分でちつを触るというと、抵抗があると結構沢山の人に言われます。あぁ、分かる!!と私も思います。

そこは、触ったらむしろ駄目な場所だと思い込んでいましたし・・・・。

私も、初めて自分の膣に指を入れた時、とても気持ち悪かったです。

膣は体の中の唯一触れる臓器。例えば、自分の胃腸を触ると想像すると気持ちが悪いですもんね。

でも、人には自分の膣を触らせるのに、自分の身体を触るのが嫌なんて、自分を嫌っている様なもの。

自分の身体を知る事はすごく大切な事なのです。

身体の変化

膣をマッサージする以前、痛くて自分の指でさえ、なかなか入りませんでした。特に親指。

相当硬くなっていましたし、収縮していました。

そして、中の感覚も鈍かった・・・・。触っても、扉の一枚向う側の出来事みたいな感じでした。

今は少し、感覚が出てきました。膣は育てるものなんです。

あと、お客様で膣をマッサージしたら、彼氏が出来たとか、口角が上がったとか。そういう意見も聞きました。

第一チャクラなので、引き寄せも強くなるんですよね。

私の施術内容

サロンでも、骨盤底筋マッサージの一環で、膣内もマッサージさせていただいています。

女性である私が女性に対して行うので、性的な気持ち良さはありません。膣内の尿道靭帯をほぐす様に施術いたします。

自分でやるよりも、より細かく「膣内のコリ」を感じられると思います。

・性交痛予防、生理痛、子宮脱、黒ずみ、匂いなどにも効果的です。

http://tsukitoki.com/kotubannteikinnmassaji/

詳しくはこちらのメニューをご覧ください。

2018年12月追記

さらにほぼ1年続けた結果、匂いや黒ずみもなくなり、性的な感覚も深まってきています。

関連記事

  1. 膣マッサージで大事な事!!

  2. 【書評】ちつのトリセツ 老化はとまる

  3. デリケートゾーンの形、色、匂いでお悩みの方へ