アトピー改善への道(マインド編1)

Pocket

初めにこちらの記事をお読みください。

アトピー改善への道(プロローグ)

薬をどう使う

食事編

今日は心の持ち方について書きます。

 

身体は間違いをおこさない

 

まず初めに、知っておいて欲しい事があります。

それは「身体は間違いを起こさない」という事。

人間の身体とは知れば知るほど、ミニマムで機能的な小宇宙だと感じています。

アトピーに限らず、病気も肩こりやむくみも、身体に必要だから起こっているのです。

そもそも、皮膚は最大の排泄器官。便などで排出されなかった毒が、湿疹となって皮膚から排出されます。

自分を守るために体は、頑張ってくれているのです。

 

アトピーの人は元気

 

だから、アトピーの人って元気な人が多いんです。身体が繊細で、毒素が出やすいので体に溜め込まない。

私は、菓子パンとか合わない食品を食べると肘や首がすぐに痒くなります。

ジャンクフードをパクパク食べてもお肌がつるつるで綺麗な人を見ると、昔は「なんで自分ばかりが、こんな身体に産まれてしまったんだろう。」って思いましたよ。

アトピーに産んだ親を恨んだりね。

でも、アトピーじゃなければ、こんなに身体を気遣う事も無かったし、毒素を身体に溜め込んで大病になっていたかもしれない。

 

一説によると、アトピーの人は癌になりにくいという話もあります。

 

繊細な身体は宇宙からの贈り物

 

子供の頃から大人になるまでアトピーの人にとって、完治は難しいかもしれない。

でも、完治を目指さなくても良いと私は思います。

アトピーが出ない状態で普通の精神状態で暮らせるようになれば良い。

必ず可能ですよ。

1年以上は薬を使っていないけれど、何か身体に悪そうなモノを食べると痒くなってりします。あと、ストレスがかなりの大敵!!

アトピーがそんな自分の不摂生を教えてくれます。

アトピーに限らず、身体に何かを抱えているという人が殆どだと思います。

身体は、入れ物だと思って丁寧にメンテナンスをするきっかけが病気や不調なのです。

 

若い20代の頃のアトピーは、正直大変だと思うし「感謝なんて出来ない。」と思う気持ちも分かります。

でも、30代後半になり、若い時にアトピーに悩み色々試してきた経験は私にとってすごく貴重であり、今の私に繋がっているから。

 

誰かの希望になれば幸いです。

 

マインド編は次回にも続きます。

オーナー 三樹 菜緒子

関連記事

  1. アトピー改善への道(食事編)

  2. アトピー改善への道(マインド編2)

  3. アトピー改善への道(プロローグ)

  4. アトピー改善への道(薬をどう使う?)